グローバルイントラネット

グローバル企業において、本社と海外拠点との間、または海外拠点間のイントラネット接続を実現させる際には、一般の国際インターネット回線の不安定性あるいは国際専用線の高額な費用に困惑されることが多いでしょう。
そこで縁通では、帯域保証された国際インターネット回線を用いて開発された国際間イントラネット接続サービスをご提供することで、この難問を簡単に解決いたします。

従来の国際イントラネット接続方式
縁通の国際イントラネット接続方式
製品の紹介

(1)GI-Line (Global Internet-Line)

GI-Lineは、帯域保証された国際インターネット回線を用いて開発された製品で、安価に本サービスをご利用頂けます。Point to Pointの国際専用線と同等の通信効果が得られ、国際間の各イントラネット接続を簡単に実現できます。(YnetCloudは、縁通の商品名です)

(2)GI-DNA(Global Internet-Direct Network Access)

GI-DNAは、グローバル企業の各イントラネットをお客様管理下のVPN環境を維持しながら、海外から縁通の通信サービスを介してアクセススピードをアップさせることができます。

製品の長所(GI-Line&GI-DNA)

GI-LineとGI-DNAの違い

①GI-LineはInternet接続技術を利用

②GI-DNAはネットワークTraversal技術を利用

③その他:

1、GI-DNAの場合、お客様より本社と拠点の間に直接Point to PointのVPNを張ります。
       GI-Lineの場合、お客様側のルーターとYnetCloudの間でインターネット通信を構築するだけで大丈夫です。
2、GI-DNAは情報セキュリティがより強固になります。
3、サービスの利用可否や通信の安定性を確認して頂くために、無料のテスト期間を提供します。

利用方法(GI-Line&GI-DNA)

本社と海外拠点との間、または海外拠点間のイントラネットを通常のアクセス方法で接続利用して頂けます。
利用前提条件

GI-Line

1、ローカル回線に専用線をご利用の場合:
・お客様オフィスから縁通IDCまでローカルの専用線をご用意頂くこと。
・専用線の帯域はご希望のGI-Lineの帯域と同じ、もしくはGI-Lineの帯域より大きいこと。

2、ローカル回線に インターネット回線をご利用の場合:
・両側のお客様オフィスから縁通IDCまでインターネット通信を構築すること。
・ローカルインターネット回線の帯域はご希望のGI-Lineの帯域より大きいこと。

GI-DNA

1、下記の情報をご提供頂けること。
  ・両側オフィスのグローバルIPアドレス  
  ・アクセス権限を制限する場合のホワイトリスト
  ・ドメインでアクセスする場合のドメイン
2、ローカルインターネット回線の帯域はご希望のGI-Lineの帯域より大きいこと。

品質保証(GI-Line&GI-DNA)

国際インターネット部分の遅延は80ms以下を保証致します。
※ローカル回線の品質については保証範囲外ですが、縁通は通信テストなどの技術サポートをご提供致します。

サービス開通済みの国・地域

                         中国-日本